So-net無料ブログ作成

Amazon タイムセール

千葉大病院でがん報告見落とし [話題]

千葉大病院の発表によると、放射線診断でがんの可能性が報告されていたにもかかわらず担当医の確認不足で診断されなかった件があったとのこと。

初期の報告書によって適切な診断がなされていれば死亡に至らなかった可能性があるとされたものが2件、現在は死亡に至っていないが、他の治療法を選択できる可能性があったするものが1件。

患者とその家族にしてみれば許されない事例ですが、発表した千葉大病院は誠実だったのではないかと思ってします。

実は他の病院でも同様のことが起きているのでは?

 

患者の診療録を見直し、今回の件を発見、そして公表と再発防止に取り組むというのは同じ過ちを繰り返さないための前向きな行動ともとれます。

地元ということもあり、何かとお騒がせの千葉大病院には過去の過ちを掘り起こしてどんどん改善していってもらいたいです。

 



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。